スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.10.02 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    明日

    0
      あの日から3年がたちました。
      ショコラティエもだんだん佳境に近づいて
      面白くなってきたのですがやはり3年目の事を書きます。


      3年たってようやく自宅の再建のための造成工事が今日から始まりました。
      市内に何棟も計画されている防災公営団地はようやく一棟めの工事が昨年末から始まりました。
      公営住宅の造成の完成は28年度になるらしいです。
      みな、あせりもつのっていますがどうにもならないので
      仮設の中でじっと出来上がるのを我慢して待っています。


      震災遺構は解体され
      道路しかない町が広がっています。
      未曾有の大災害だったのでわずか3年でどうなるとも思っていませんでしたが
      去年とたいして変わらぬ姿に少しためいきがでます。


      義叔母達を亡くした義叔父達は新しい家もたち
      仮設からようやく抜け出せましたが
      広い家で遺影に囲まれて思い出しては泣いてるみたいです。


      何年たとうが私たちは3・11から
      逃れる事はできないのだろうなと思います。
      一生しょっていく事になるのだと思います。
      元気で笑って一生懸命働いていますが
      ひんやりとした気持ちがふいに湧き上がり
      突然悲しくなることもあります。



      昨年ある場所で嵐の復興支援コンサートの話をしたら
      一度も面識の無い方から
      『あれはお金のないかわいそうな人達のためのコンサートだから・・・
      あれに当たるとそれから1年はコンサートに当たらないのよ』と訳知り顔で言われ
      開いた口が塞がらない思いをしました。
      『被災県に住むわたしたちはお金のないかわいそうな人という分類なんだ』
      じゃあ24Htvで翔くんが大槌町の高校生の前でピアノが上手くひけなかったと涙したのは
      お金が無くてかわいそうと思ったからだったの?
      あきれたのもあったけど言ってもわからないだろう人にはテキトーに返事をしておきました。
      そういう事を言う人にかわいそうに思ってもらわなくてもいいんだけど
      上から目線で何も知らないのに好き勝手なことを言う人に
      『あなたが復興支援コンサートに申し込む立場にならなきゃいいよね』と
      ほんきで思ったよ。いじわるでごめんね


      スマ兄さん達は極秘でここら近辺で震災後何度もミニコンサートを
      してくれていたようです。(行ったことないけどね)
      嵐さんもほんとうはそういう形でこっそりミニコンサートしたかったんじゃないかな
      なんて調子いいこと思いましたが、今の彼らの現状じゃ叶わなかったんじゃないのかなー
      と被災した人間は勝手に思っとくことにします。
      何にせよこちらに目をむけてくれてありがたかったです。


      当時のめちゃくちゃになった時の写真をみるたび
      いまだにあの時の潮と油が混じった焼け焦げたようないやな香りが鼻の奥に広がります。
      震災の風化が叫ばれる昨今ですが
      日本中の人が忘れても当時者である私達に忘れる日が来る事はないでしょう。
      でも
      忘れられる事より
      心無い言葉を投げつけられるほうが辛いかな。
      わたしよりずっと大変な現実を生きている嵐友さんもいて
      いつまでもこんなこと言ってちゃいけないのかなとも思うけど
      クローズアップされる3月11日だけが震災ではないこと
      ずっと毎日つづいていること知っていただければ嬉しいです。
      あの後いただいた、全国の皆様のたくさんの支援に感謝しています。
      ご恩は忘れないよ



      3年目の明日はどこに向かっているのだろう
      広い広い運動場のようになった、あの日まで住んでいた町を通りながら思いました。






      *現在サイドバーのメール機能が使えませんのでご連絡まで
      なるべく早く新しいドメイン探します




       

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.10.02 Friday
        • -
        • 01:14
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事
        コメント
        三年前と同じ時間、同じ場所で黙祷。
        同じ思いの方と当時の事を話し、来年の再会を約束。
        未曾有の大災害は疎遠だった人との「縁」を繋いで
        くれました。
        報道で地質学的にあの時に何が起こったかは少しずつ
        分かってはきましたが、個人的にはあの瞬間に何が
        起こったかは未だ理解できないままです。
        ただただ毎日を震災以前より精一杯生きているような
        気がしています。誰彼のためにではなく自分自身のため
        精一杯生きるしか能のない僕です。
        • maavo
        • 2014/03/11 5:31 PM
        maavoさん> 折につけありがとうございます。皆色んな思いを抱えていても、笑顔で過ごしています。なかなか進まぬ復興に気力の萎える時もありますが、誰かが見守ってくれていることがわたしたちの力になっています。思ってくださるだけでありがたい限りです。
        • けいと
        • 2014/03/12 10:10 AM
        いつも楽しくお邪魔させて頂いています。
        あれから3年も経ってしまいましたね。多分同じ位の世代です。頑張っても頑張っても忘れられない事ってありますよね。頑張りましょう。応援しています。
        • みおみお
        • 2014/03/20 7:11 PM
        みおみおさん> ありがとうございます。〜頑張っても頑張っても・・たぶん死ぬまで忘れる事はできないできごとでしたけど頑張って生きていきます。
        • けいと
        • 2014/03/21 7:19 PM
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        いらっしゃいませ

        港町写真館

        Clap

        はっぴー★サミーでいず

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • あいかわらずです
          ゆみこ
        • あいかわらずです
          いっちゃん
        • 超がつくほどお久しぶりです
          まる
        • 超がつくほどお久しぶりです
          Ligママ
        • 超がつくほどお久しぶりです
          けいと
        • 超がつくほどお久しぶりです
          ちゅみまま
        • あいかわらずです
          Kazuyo
        • あいかわらずです
          choco
        • 超がつくほどお久しぶりです
          けいと
        • 超がつくほどお久しぶりです
          けいと

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM